香水を付ける際の注意点と匂いについて

キャバ求人案内板

キャバ嬢は絶対香水をつけなければならないという訳ではありませんが、香りというのは人を魅了させる効果もあることから、実際はつけているキャバ嬢が大半です。
ただし、この香水の使い方や香りの選択を間違えてしまうと逆効果になってしまいますので、今回は香水を使うときの注意点をご紹介したいと思います。

まず付け方ですが、香水をつけるところは足首、背中、うなじ、胸となります。つける量はどこであってもワンプッシュのみにしましょう。
また香水というと手首につけるのが一般的なイメージがあるかもしれませんが、手首につけると香りが強くなりすぎてしまったり、香りがお客様に移ってしまう可能性があるのであまりおすすめできません。
どうしても手首がいいという場合はワンプッシュでも少し弱めにつけるといいでしょう。また手首につけた後に擦り合わせてしまうと香りの性質が変わってしまうので注意してください。

香水の香りについてですが、万人向けでいくのなら石鹸系の香りがおすすめです。香水の香りは好き嫌いが大きく分かれるもので、そもそも香水自体が嫌い(苦手)という方もいますが、石鹸の香りはナチュラルで嫌いという方はほとんどいません。
注意したいのは柑橘系の香りです。柑橘系は香りが強くなりがちなので苦手と感じる方も多いです。柑橘系の香水を選ぶ時は香りがきつすぎないかも確認しておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました